2015年10月07日

バルセロナB


バルセロナ滞在は2日間だったので、
かなりパンパンに行けるだけ行く!という目標で、
歩き回りました!

二日目は、ランブランス通りから出発!
サン・ジョセップ市場へ行ったら、残念ながらお休み。。

P_20150920_154418.jpg P_20150920_155153.jpg

気を取り直して、レイアール広場へ。
突然南国へ来たかのような異国情緒溢れる広場でびっくり!

P_20150920_155916.jpg P_20150920_155921.jpg 

カデトラルは、ちょうどミサ中で、
とても音楽的な司祭のお説教を聞きながら
ゴシック様式の聖堂を見学。
ステンドグラスからの朝の光が美しい!
また、隣の回廊がすごく素敵でした。
中央のパティオには、本物のガチョウがいたり、別世界。

P_20150920_191107.jpg P_20150920_161054.jpg

午前中のメインはピカソ美術館!
中世の貴族の館を改装した建物。1963年開館。

P_20150920_183711.jpg P_20150920_185004.jpg

入り口で日本語ガイドを借りて入館。

解説で特に印象に残っているもの。
「科学と慈悲」(16歳の時の作品!とは思えない!)
側に、構図を考えていたスケッチも展示されていて、
人の目線の向きや、ちょっとした小物の大きさが違うものがあり、
完成作品と見比べられて、ピカソの考えを見ることができます。

「ラス・メニーナス」
量の多さが圧巻です!
ベラスケスの作品をモチーフに。
プラド美術館に行きたくなりました。

「ピアノ」
「ニコラ・ペルトサートの手を見ていると隣にピアノが見えた」らしいです。
昔からこの絵葉書が家にあったので、本物が見られて感動!

たっぷり鑑賞したので、
休憩がてら、海岸沿いへ移動リゾート

P_20150920_192850.jpg

まだまだ続く長い一日でした晴れ
posted by まりりん at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

バルセロナA


カサ・バトリョへ。

天才建築家ガウディの作品ですが、
意外と隣の建物に溶け込んでいて、違和感が全くないです!(恐るべしバルセロナ!)

IMG_0801_R.JPG

1877年に建てられたバトリョ邸の増改築をガウディが担当。
テーマは「海」
正面が海面で、内部は海底や海底洞窟、らしいです。

IMG_0832_R.JPG

IMG_0833_R.JPG

入り口で、日本語のガイドをもらって、
詳しい解説を聞きながら見学していきます。

家具や取っ手など、
細部までお洒落なデザインで、
さらに使いやすさにも拘りがあり、
センスの良さがハンパないです!!!
階段の手すりも、
ちょうど手に持ちやすいような設計で、
なめらかな曲線が美しいです!

IMG_0806_R.JPG IMG_0826_R.JPG

IMG_0817_R.JPG

中庭の壁は、1階から6階へ
各階の窓から見上げた時に
光の加減で同じ色に見えるように
白→薄い水色→濃い青色へと、
タイルの色が変化しています。

IMG_0866_R.JPG

屋上では、
バルセロナの風に当たりながら、
夢のような時間を、満喫しましたぴかぴか(新しい)

IMG_0882_R.JPG IMG_0885_R.JPG

解説ガイド、
最新なのか、、スマホのような感じで、
何もない部屋でも、壁の方へかざすと、
画面にテーブルや椅子などが現れ、
当時の様子を見ることが出来ます!
よく考えられていて、アルのとナイのでは全然違います!
10倍は楽しめましたわーい(嬉しい顔)

IMG_0853_R.JPG
posted by まりりん at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

バルセロナ@


今回の旅の最大のイベント?!
初スペイン上陸ですぴかぴか(新しい)

初めての国は、「勝手」がわからないので緊張感が増します!!

宿に着いたら、ホッとするのも束の間。
ネット予約していた時間が迫っていたので、
第一の目的地サグラダファミリアへ急ぎ足で向かいました。

同じ方向へ向かう観光客の流れに乗って歩くと、
迷うことなく到着!!!
IMG_0710_R.JPG
これか〜!!!っと、
自然と足が止まって全景を目の中に焼き付け。
暫くしてから、細部が気になり一歩ずつ前進。
旅行本の説明文と本物を照らし合わせながら、
じっくりと眺めていると、いくらでも時間が過ぎていきそうです。

そろそろ入場の時間なので、聖堂へ入ります。
まず、目に飛び込んでくるのは、
聖堂内の白壁に反射する太陽光です!
左右の暖色系と寒色系のステンドグラスの輝きは、
ため息が出る程、美しかったです!!

IMG_0741_R.JPG IMG_0724_R.JPG

目線を上に向けると、
天に向かってまっすぐにのびる柱、
シュロの葉のモチーフで飾られた天井、
特別な雰囲気が漂っています!!

IMG_0727_R.JPG

休憩も兼ねて、椅子に座ってゆっくりしながら、
塔に上る為のエレベーターの予約時間を待ち、
いよいよ、誕生のファザード側の鐘楼へ!

IMG_0759_R.JPG

塔と塔をつなぐ橋を渡り、上からのバルセロナの眺めは絶景!!!
現在工事中の現場も目の前に見え、
先ほど下から見上げていた彫刻を、真横に見ることが出来ます。
そして、下界を覗くと沢山の人人人。

IMG_0760_R.JPG IMG_0755_R.JPG

エレベーターは「5人づつ」と、
とても少数グループでの移動なので、
ちょっとゆっくり写真を撮ったりしていると、
1人取り残されそうになりますが、
暗がりの螺旋階段を一段づつ下りていけば
地上に戻ってこれます!

IMG_0749_R.JPG IMG_0779_R.JPG

1882年に着工のサグラダファミリア。
初代建築家ピリャ−ルの後を引き継いだガウディが、
設計を作り替えて建設を進めたようです。
人生のすべてを聖堂の建設に捧げたガウディは、
1926年に亡くなってしまいますが、
今日まで、ガウディが残した模型や設計図をもとに工事が続けられ、
ガウディ没後100年の2026年に完成予定のようです。

IMG_0739_R.JPG

帰国後、ある生徒さん(高1)と話していたら、
「完成するまでに行きたいのです〜!」っと言っていました。
私は、「完成後」にまた行けたらいいな〜
posted by まりりん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。