2015年06月16日

松島旅行A


旅行2日目もお天気に恵まれました!
船からの景色、最高です晴れ

松島の名所を時間が許す限り巡る旅。
まずは、天麟院から。
伊達政宗の正室、愛姫(めごひめ)との間に生まれた娘、
五郎八姫(いろはひめ)の菩提寺。

次は、円通院。
ここの解説員の方、とっても面白くわかりやすかったです!
伊達政宗の孫、光宗の霊廟「三慧殿」は、国の重要文化財にも指定されていて、
支倉常長が西洋から持ち帰ったとされるバラ、水仙、
またスペードやハートなどのトランプの柄などが描かれた厨子は、圧巻!

ここまでで、かなりじっくり見物し、
瑞巌寺は、、、、工事中でもあり、疲れも出てきたので泣く泣く次回へお預け。。。

お昼を食べて、気分を変えて観瀾亭へ。
別名「月見御殿」とも呼ばれ、金箔を貼り付けた壁や襖などの桃山美術は、とても豪華。
また、そこからのお月見は、想像するだけでもなんとも風情があり贅沢です!絶景!

更に、五大堂→福浦島、と散策し、
自然を満喫したところで、、最終目的地「足湯」へ到着わーい(嬉しい顔)
たくさん歩いたので疲れた足を、熱めのお湯で癒し、暫し休憩いい気分(温泉)

偶然居合わせた地元のおじいさんから、また少しだけ震災の話をお聞きし、
「4年経ってようやく最近、足湯に来る気になった。」と仰られていて、
東京にいると絶対にわからない被災地の今、を僅かだけど知ることが出来ました。

出発する時には予想しなかった、被災地の方々との一期一会の出会いがあり、
思い出に残る旅となりました。










posted by まりりん at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

松島観光@


日本三景の1つでもある宮城県松島に
1泊してきました!

2011年の震災後、被災地へ行くのは初めてでした。
先日全線開通したばかりの仙石線に乗り、まずは塩釜神社へ。
ボランティアのおじさんの解説を聞きながら、ゆっくりと境内を見て、
お団子を食べて、遠くに見える海を眺めて、久しぶりにのんびり〜
観光気分を味わいました

宿泊は、桂島。
本塩釜から船で30分弱。
人口300人ほどの小さな島で、船に乗る時にペンションに電話しておくと
船着場まで車で迎えに来て下さいました!
車で走りながら、「ここにあった60ほどの家は流された。」
「この土嚢袋は1袋1トンで、これから防波堤を作ったり…」というお話を聞き、
更地に袋が沢山積まれている…風景を目の当たりにして、言葉を失いました。
ペンションの向かい側には、真新しい市営住宅があり、
仮設住宅から最近ようやく引越しが出来たようです。
ペンションは、高台にあるために建物の被害は免れたようですが、
『今まで一緒に過ごしてきたのに、ある日突然、
家を失った人、失わなかった人という状況になり、
失わなかったといって簡単に喜べないし、心の中はとても複雑で、辛い。』
と仰っていらしたマスターの奥様の言葉が、心に刺さりました。

案内されたお部屋からの眺めは、最高でした
海に浮かぶ島々が見え、静かで穏やかな波の音が聞こえるぴかぴか(新しい)
夕飯までの間、夕焼け色に染まる海を見ながら散歩。
ついつい遠くまで行き過ぎて、、、夕食の時間に戻れず、、、
ペンジョンのマスターさんが、車で探しに来て下さる、、っという
ハプニングもありましたが、無事に美味しい夕食を頂くことが出来ました!
クジラにフグに、今日釣って来たばかりのブリぴかぴか(新しい)など、おなかいっぱい頂きました。

夕食後は、明日の予定を立てながら、
明日に備えて、早めに就寝やや欠け月




posted by まりりん at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。